自閉症 渡の宝箱

自閉症の渡が、日々起こす騒動や療育についてとシリコンバレーでの起業、生活を綴っています。

医療の怖さ ICUの空き

新型コロナの報道をみていて、違和感を感じる部分があるのですが、ベットの空き率ばかりの報道です。私はICU (Intensive Care Unit: 集中治療室)に医療ミスから入ったことがあります。元気でピンピンだった私もお医者様から

「年齢も年齢ですし...」ということで、大腸癌検診をしましょうと言われて、専門医に行った時のこと。どこもわるくはなかったのですが、小さな良性のイボのようなものがあり、せっかくだから取っておいた方がいい、というのでとったのですが、切った後にお医者さんが止血(縫合)を忘れるということから数日後に大出血が起こり、集中治療室に入院ということになりました。

集中治療室は、一人の専門家が一人の患者につくわけではなく、お医者様を含む六人くらいの医療従事者の方が寄ってたかって、命を助かるように治療してくれます。

もちろん、アメリカの集中治療室で手当てを受けるということは、命の危険がある人ということなので、私が入ったICUも隣の方が家族に囲まれて虹の橋を渡ところでした。お見舞いの方みなさんが肩を抱き合い、泣いているその横で治療を受けるわけですので、私も「自分は、危ないんだな。」という認識がありました。看護婦さんが

「ちょっとまってねー。お隣が今から死ぬから、その次、あなたね」

どきどき...。「その次、あなた????」私が死ぬのか?それとも、その次に手当てをしてもらえて助かるということなのか?意識も薄れゆく中で、判断がつかず、私はどうなるんだろう?と不安でしたが、輸血も行い、なんとか持ち直して生還した私。

こういう体験から考えても「空き病床」よりも、対応できる看護婦数と医者数のほうが大事なんじゃないかな?と思う最近の報道です。とにかく、新型コロナにかからないことが一番。2度と集中治療室送りはいやなので、外出を控えて、とにかく室内で楽しいことを見つけようと思う今日この頃でございます。