自閉症 渡の宝箱

自閉症の渡が、日々起こす騒動や療育についてとシリコンバレーでの起業、生活を綴っています。

嵐の予報で、わたしがやったこと

日曜日の今日は、大嵐の予報でした。天気予報は昨日から嵐だ、大変だと大騒ぎでしたが、サンフランシスコ空港のある方面やそこより北側は、高速道路がしまったり、私たちの住む地域は大雨だったという程度でした。

心配していたのは、庭の柿の葉っぱが落ちてしまうなーということでした。柿もなっているので、本来なら柿が落ちることを心配すべきなのですが、柿よりも柿の葉寿司の方が好きなわたし。

嵐の前にあわてて収穫して再度作って思い残すことのないようにしておりました。

けどうちの地域は被害も少なく、風もあまりふかなかったので柿の木は無事。

ということで、柿の葉寿司をまた作ってみた。

葉っぱが紅葉したら、また作りたいなー。

数年ぶりに会えた友達

このコロナ禍で、さまざまなイベントがキャンセルされました。わたしは毎年東北の高校生の子達とお話する機会があったのですが、もちろんこのイベントもキャンセル。一緒にお話しする人たちも会う機会がなくなりました。

ところが本日、その会であう一部の人と一緒にご飯を食べれました!

これはすごい。またみんなで集まりたいわ〜と思った本日。このまま感染者数が上がらなければいいなー。

アメリカもガソリン高いぞー。

ガソリンの値段の上がり方が半端ないです。

レギュラーで、

$4.79/ ガロン

です。1ガロン3.78 リッターですので、1ドル110円で計算すると、だいたい1リッター140円になります。

高い!

10年くらい前は、$1.89とかみたことあったような気がする。

 

 

 

今年は静かなハロウィーン

10月になると戸建ての家は、派手なハロウィンの飾り付けが始まります。屋根の上にまで飾り付けをする家もあるほどです。我が家の周りも毎年派手な飾り付けをするのですが、しかしながら、今年はなんど1軒だけです。

やはり、コロナの影響がこんなところにもあるのでしょう。小さい子供達はまだワクチンを受けれていないだろうし。

回ってくる子供も少ないのだろうなーと思っております。親が知らない人に接触して、手渡しでお菓子をもらうのも、嫌がるでしょうし。

お店にいってもハロウィーンのコーナーが縮小されているし。子供達はほんと、可哀想だわ。と思った今年のハロウィーン。

けど、こんな車を見つけた。

ハロウィーンだなとやっと感じられた..。

 

 

柿の葉すし

我が家の前庭には、柿の木がある。富有柿の木でわたしは、次郎柿という市場にでまわらない種類の柿がすきなので、いつも見るたびに、今年もせっせとたべないとな、という責任感にかられて、ぼーっと見ながら、どうしようかなーと思っております。

こんな感じで生い茂っております。

近くでみるとこんな感じ。

今年は、雨が少なかったせいか、葉っぱも小さい気がします。

「この柿の葉は、このまま散るだけなのかなあ?」
と思うと可愛そうな気がしたので有効活用。
わたしの出身地である大阪のお隣の奈良県の郷土料理の柿の葉寿司(和歌山、石川、鳥取でもあるらしい)です。奈良県の五條、吉野、大峯地方の名物料理だったそうだ。
柿の葉には殺菌効果があるので、この地域では、鯖を塩漬けにして、柿の葉で包むことによって、長期保存できるようにし、貴重なタンパク源を摂取したわけですねー。
葉っぱも採ってすぐ使うのではなくて、塩漬けにして、半年は使えるように保存するそうですが、わたしは目の前にある葉っぱをわざわざ塩漬けするのはめんどくさいので、今日は採り立ての葉っぱで作ってみた。
会社にもってきたら、むちゃくちゃ評判がよかったので、冬用に塩漬けを時間があったらつくろうかなー。早くとらないと、葉っぱが散ってしまうなー。

 

会社の近くのピザ屋

会社のあるモールはかなり敷地が大きいのだけど、その中に、1981年からやっているピザ屋さんがある。

このピザ屋さんは、息子が大学に通っていた頃も、障害児クラスの同窓会などもここでよく集まっていた。みんなでフットボールみたりとか。割と懐の深いお店で障害者の人たちがたくさんやってきても、普通に対応。さらに近くの高校生の部活の子達がユニフォームでやってきて、ピザを食べまくっても、対応は変わらず普通の対応。とにかく、行きやすいお店です。

お歳召した方も、よく集まっておられるし、地元から愛されているピザ屋さんで、このコロナ禍でも、地元のみんなが応援していたので、いまだに元気に生き残っております。

こんな感じのピザです。

このピザ。実は冷めてもおいしい。

わたしはピザは生物と同じように、温度に気をつけて早く食べた方がいいとおもっております。いまいちのピザはいまいちなので、温度はどうでもいいんだけど。ここのはおいしいので。

けど、ここのピザは冷めてもそれなりにおいしいというのがすごいピザ屋さんだ。

今日は残業があり、帰りが遅くなったので、リーダーと

「もう夕飯食べてからあがろう!」ということになり、行ってきました。

まずはこれ。

先日来た時は、100kg超はありそうなおそろしく巨漢な男性が5人くらいで、コップを使わずこのピッチャーから直接ビールを飲んでいた。思わず輪に加わってしまいそうな自分が怖かったけど。

ということで、ここでブログを書き終えようとおもったけど、たぶん、ここで書き終えたら、あとから「どこにあるんですか?」と聞かれそうなので、とりあえず、リンクもはっておきます。けど、わたしには、一円も宣伝費用は入らないよね。

しかし、おいしいので、しかたないよねぇwww

www.jakesrestaurants.com

 

 

 

 

10ヶ月ぶりに雨がふったシリコンバレー

今日は雨がしっかり降った。10ヶ月ぶりだと思う。

この10ヶ月雨がふらないので、埃っぽいし、植物の葉っぱや、花が今年はやけに小さいし。けどぶどうは糖度が増すらしく、今年のワインは当たり年かも。

とにかく空気が綺麗になったし、埃で目がしょぼしょぼするのもなくなりました。

適度な雨って素晴らしい。

アメリカであんぱん

家の暖房の定期検査とフィルター交換のため、朝は自宅待機とわかっていたので、朝からあんぱんを焼いてみた。自家用だからと雑にやいだけど、食べてみたらなかなか食べれたので、ちょっと包んで一人暮らしのシニアの方に持っていった。

日本では人様にあげれるような出来ではないけど、アメリカではあんぱん貴重なので。

すごく喜ばれた。なんだか気持ちのいい1日のスタートになりました。

ということで、そういえば、わたしはアメリカであんぱんをあまり食べたことがないなーと思い出した。なので、人気の中華系のパン屋さんであんぱんを買ってみた。サイズも大きくてびっくりしたけど、もっとびっくりしたのは、中のあんこの量。

これ、あんぱんじゃなくて、パンやん...。

ということで、自分で焼いたあんぱんだとあんこもたくさんいれれるし、一口サイズにもできるので、これからまめにあんぱんを焼こうと思った本日でした。

すごいケーキ屋さん

先日、息子のお友達がロールケーキを持ってきてくれた。

それが飛び上がるくらい美味しかった。

スポンジケーキはふわふわだし、クリームは、生クリーム。ケーキ屋さんってバタークリームが多いのだけど、いただいたロールケーキは生クリーム。すごく貴重です。

バタークリームって、バターなので、冷蔵庫にいれるとどうしても硬くなってしまうし、お腹の中で膨れる感じがする。さらに、ふわふわのスポンジに巻こうとすると、スポンジが潰れるので、最悪なことにスポンジまで、荒く焼いているところが多い。

なのに、ここはふわふわ。生クリーム。すごいわー。

いやー、思わず、いろいろ聞き出してしまった。まずは店名。

www.eca-fe.com

 

お店は、ここだそうだ。で、この自閉症の渡のお友達は、日曜日にここで働いているらしい。お店は、焼くところしかないので、カフェにはなっていないらしい。店長の方がすごく優しい方で、彼は、ここのお仕事がとても気に入っているらしい。むちゃくちゃていねいで几帳面な彼には、とても合っているお仕事だ。

いやー。すごく美味しいケーキだったわー。おもいだしてもうっとりしてしまう。

あの甘いものにうるさい開発リーダーも

「これは上品なケーキですよ。お使い物には最高ですね」と言ってベタ褒め。

いま、サイトみてるとミツワやニジヤにもおろしている!!やった!!買いに行かねば。

開発リーダーのお宅で出たすごい料理の数々

開発リーダーのお宅で、しんじょの練習会がある。というので、おうかがいしてきました。わたしは、作る方ではなくて、いただくほうで参加。

手土産に、渡の水菜を持参し、これをそうめんに混ぜて食べたらおいしかったと伝えてありました。

まずは、最初にしんじょ。

腕が大体すごすぎる。これは輪島塗りの絵師の方、お店の方と1年連絡をとりあって、オーダーして作ったお腕です。

わたしは家で、「秋なのに、まだ朝顔が咲いててさー、綺麗だからいいんだけどー」という話をしていたので、あさがおのお椀。

お友達はカリフォルニアらしく、オレンジ色のパンプキンの絵のお椀ですごく綺麗でした。

このお椀はここのお店でオーダーしたそうな。

漆器の能作

 

次にエビがでてきました。

もうこのエビをたべたところで、あまりにおいしくて、次から写真を撮るのを忘れた。小鱈とか、いろいろ出てきていた!

しんじょ勉強会ということで、揚げしんじょもでてきた。

今回特筆すべきことは、この天ぷらコースの途中にでてきたものは、これ。

 

なんと、ぶどう!

天ぷらって、どうしても食べてる間に口の中が脂っこくなるのですが、このぶどうの酸味が一気に口の中をさわやかにしてくれるので、どんどん天ぷらを食べ続けることができるし、とにかく次に口にした天ぷらがおいしい。

最後は、わたしがそうめんを渡が作った水菜で混ぜて食べたらおいしいとお友達にはなしたために、リーダーがつくってくれたそうめん。そうめんのつゆももちろん手作り。

我が家と違って、きっちりかき揚げがついてきます。

あーーー!おいしかった。