自閉症 渡の宝箱

自閉症の渡が、日々起こす騒動や療育についてとシリコンバレーでの起業、生活を綴っています。

開発リーダー、ついに結婚か?

 夕飯を食べていたときのこと。

開発リーダーは、先日、すごい輪島塗のお椀を一年かけてオーダーし、納品を終了したのだけど、今日は突然、

「次の塗りのオーダーを考えているのですが、この塗りに紋を入れてオーダーって結構いいような気が....」

おぉぉ。これは、すごい。三組杯じゃないですか!

リーダーがおわんをオーダーしたお店、金沢の能作のものです。

http://www.kanazawa.gr.jp/nosaku/shouhin/cyaki/index.html

ついに結婚なんだ!と思い、

「おめでとう!」

とお祝いの言葉を伝えたら、

リーダーは、

「えっ?????」

とのこと。

リーダーは

「ここに家紋をいれて、3 セットくらい用意しておけば、我が家のパーティーに対応できます。9個あればいいんじゃないですか?」

という...。いや、これ、結婚式の三三九度の盃だし。

3つ同時に買う人は、いないし...。

ないわーと思い、説明したら、もともと三三九度自体に興味がないので、記憶のメモリには、三組杯なかった模様...。

めでたすぎるリーダーでした...。当分、結婚はないわ...。がんばれ、リーダー。

アカデミー賞の舞台に、娘の師匠が立っている! すごすぎる...。

日曜日の夜は、アカデミー賞(オスカー)の授賞式でした。私はテレビで見ていたのですが、私の注目しているところは、長編アニメと短編アニメ。

とくに短編アニメは、香穂の師匠をしてくださったエバレット先生が作った映画がノミネートされておりました。

香穂は、古巣のソニー・アニメーションが最初に入社した会社で、その時に、ソニーは、数部門で師弟制度を導入しておりました。この師弟制度に入れるためには、香穂のアプライしたポジションはたった一人の定員でした。そこに数えられない人がアプライしているわけで。私は無理だろうと思っていたのですが、娘は数ヶ月結果を待っておりました。

無事に娘に合格通知がやってきて、入社できたわけですが、その時に、大変よくしていただいた師匠になってくださった先生がエバレット先生です。先生はあとにも先にもでしを取られていないので香穂が最初で最後の弟子です。一番弟子ですね。

受賞作品がこちら。


Hair Love | Oscar®-Winning Short Film (Full) | Sony Pictures Animation 

英語ですが、そのまま最後まで診てもわかる感動的な映画で、私は泣きまくりました。

最後のところに先生の名前があります。

エバレット先生は、毎朝ご自分のお子さんの髪の毛をご自分で結われているそうです。

 

さて、TVのライブをみていて、ショートフィルムの名前が

”Hair!"

と呼ばれた瞬間、私のほうがパニック。香穂に速攻で電話して、

「右端がエバレット先生だよね?そうだよね??」

といったら、こんな写真が送られてきた。

もう画面が涙で見えないよ...。

 

エバレット先生は、本当に穏やかに香穂を見捨てることなく、1年近く師匠として香穂をみてくださいました。さらに香穂が違う会社に移っても、いまだにイベントなどがあったら、まめに招待してくださるし、常に「元気?」みたいな連絡もくださいます。

本当の親よりよく面倒をみてくださっているエバレット先生です。

おめでとうございます。

今週末は先生のお祝いのお酒でも買いに行くかなー。

やってしもた、本日

渡と月曜日から金曜日まで毎日泳ぎ始めて、かれこれ1年10ヶ月になろうとしています。

今日は、土曜日でしたが、渡が泳ぎたいということで、2人とも1kmを泳ぎました。

私は水泳後は、お天気もよかったので、ランニング。ランニングのほうは、相当サボっていたことや、水泳よりは、好きなので、結構ノリノリで走っていました。

そろそろ7kmにさしかかるか?というところで、

「おぉぉ、iPhoneに7kmが表示される瞬間が見たないな」と思い、画面をちょっと長く見てしまったら、なんと、転んだ。

転ぶ瞬間

「あー。iPhoneの画面が割れたら、高いぞ!」

と身を呈してiPhoneの画面を守り、iPhoneには何の傷もつかなかったけど、自分は膝を擦りむいた...。iPhoneをこんなに必死で守ってしまった私は、実は、「りんご教」にしらないうちに入信してたのかもしれないと思うとちょっと心配。気がついたら、iPhone 12の発売日に、パロアルトの総本山に早朝から並んでいたら、どうしよう...。

 

ということで、転んだあとも立ち上がり、最後まで7kmオーバーしたところで、

今日の運動は、終了いたしました。

IPP終了!

渡のIPP(Individualized Program Plan)がわりました。成人になると3年に1度でいいのですが、渡の現在通うプログラムでは、半年に1度開いてくれて、ありがたい限り。香穂もロサンジェルスからオンラインで参加して、言いたいことなどを述べました。

新しいゴールも決まり、私たちの懸念も汲んでいただき、これからもコミュニケーションと密にしてどんどん渡のゴールを達成していこうということになり、ほっとしました。

仕事のほうも順調で嬉しい限り。よかったわー。

会社の引っ越し

日本からもどってきても、会社の引っ越しのダンボールがまだ開封されずにつまれてあって、やっと最後の一箱を開けて、箱をフラットにして、ゴミ箱に捨てに行ってきました。新しいオフィスは、サラトガという地域にあり、静かでとてもいい街です。会社も明るくて最高です。思う存分仕事ができてうれしい。

プレゼント交換でいただいた、すごいもの。

1月はほとんど地元にいないような感じだったので、遅ればせながらこちらのお友達とプレゼント交換。

私はこちらでは手に入らないし、飲んだ事もないだろうなーと思われる日本の地酒をプレゼント。

私へいただいたものは、こちら。

いやー、いいわーこれ。最高。

 

よし、アメリカに戻るぞー。

さて、日本でのスケジュールも全て終わったので、アメリカに戻ります。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

楽しい日本でございました。ということで、アメリカに到着して、すぐに日本領事館の新年会に招待されたので、出席してきました。いやーハードな1日でした。

あー、毎日飲んでた地ビール飲みたい...。

 

弁理士さんたちにデジタルマーケティングの講演会をしてきました。

日本でのお話ですが、弁理士の方達に、デジタルマーケティングの講演会をしてきました。弁理士会館というところに、生まれて初めて行きました。周りに新しい高層ビルが立つ中、趣のあるビルでした。

下記、近藤令子さんの id:reikontan のfacebookの記述をご紹介。

------

本日、霞ヶ関の弁理士会館にて日本弁理士会が主催する知財ビジネスアカデミーセミナーにて、Voice4uチームがデジタルマーケティングの講座を担当させて頂きました。わざわざ中国地方から足を運んでくださった弁理士さんや、国際特許事務所で多忙な業務の合間をぬって来られた方もおられて感激しています。

弊社のオリジナルのセミナー教材は、樋口が気合を入れ過ぎて300ページに達しましたw(興味のある出版社さまはお声がけください)。基礎コースは2時間のプログラムで40pぐらいまでをお伝えし、今回は3時間コースなので70pとデモンストレーションの時間を持っています。

参加者の弁理士さんたちそれぞれに今回の参加の動機をお聞きしましたが、知財の専門家として活躍しながらも、これからの時代はマーケティング力もあわせ持つ必要性を感じておられるようです。

----------------
ということで、会社でも聞きたいという方がいらっしゃいましたら、伺いますので、お問い合わせください。

 

この日はあまりに講演会に力が入りすぎて、解散したあとに、どうしても肉系でいっぱい飲みたかったので、すごーく珍しく、一人で居酒屋に入りました。日本はひとりで飲んでも安全でいいわー。ところが、なんと飛び込んだお店は、お魚しかなかった。

とりあえず、日本酒はしっかりいただいてから、宿泊先のホテルのロビーが真夜中までたべれる事を知っていたので、慌ててホテルに戻った。

ソーセージがあったので、ワインでお通しをいただいてから、ソーセージに。

いつもは大量二人がいて、座るのも大変そうなラウンジが誰もいない。

すごい!貸切だーー!!ともりあがっていたけど、このラウンジの名前が「ランデブー」だったことを思い出し...。ランデブーに一人...ってなんかダメな気がして、慌てて部屋に戻りました。充実した1日でした。