自閉症 渡の宝箱

自閉症の渡が、日々起こす騒動や療育についてとシリコンバレーでの起業、生活を綴っています。

私がアメリカに住んで、これは絶対日本がいいなと思うこと。

カリフォルニアに住んで長い私ですが、もう、これは、絶対に日本がいいなと思うもの。食べ物じゃないです。というのは、食べ物の材料は、こちらのほうが、日本のちょっとしたところよりも手に入ったりします。そば粉もあるし、やげんぼりの七味も手に入ります。あっ。これはすごいなと思うのは、

家族でみれる映画です。アメリカだとどうしてもディズニーとかになります。他の製作会社は、家族で見る映画となると、ストーリが弱かったり、ただただ笑わせるだけに走ったり...。

けど、私が「あぁ!今回見逃した!悔しい」と思うのは、この映画。


糸曽賢志監督 11/29公開 予告② 劇場オリジナルアニメ「サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~」花澤香菜/梶裕貴/戸松遥/釘宮理恵/櫻井孝宏/近藤雄介/小籔千豊/茶風林/茅原実里

 

こういうストーリがしっかりあって、家族で楽しめて、ほっこりできる映画ってやっぱり、叶わないなーと。日本にいる方、是非是非、見に行ってみてください。

みたら、感想をおしえてくださいませ。あーーー、みたい...。

 

 

連休最終日

連休最終日。さて、なにをするか?というと、会社のクリスマスカード書き。

私が出勤してやる、と話したら、子供達が二人とも付いてきて、手伝ってくれました。ありがたい限り。その分、夜は子供達が好きなパスタの食べれるお店へ。

さて、明日の早朝、香穂はLA郊外の街、Burbankに戻ります。

忙しい中、帰省してくれて、ありがとねー。

 

感謝祭の連休3日目でございます。名札ってこんなにすごいものだったっけ?

感謝祭の連休3日目。今日は和食会で、和食を食べたい若い人たちの集まりでした。

いやーすごく量の和食もでて、なんと写真撮るの忘れた...和食になると

「いつでも食べれる」となってしまって、どうしても写真をとるのを忘れてしまう。

ということで、空けたワインから。

で、今回すごいなーとおもったのは、軽く香穂に、

「あのさー、参加者の方達で、お互いに名前をしらない人たちもいらっしゃるので、名札に名前書いてくれない?

とお願いしたら、なんと、こんなのが出来上がってきた。このおひめさまの隣に名前が書かれている。

これと、

これ。

渡がプリンセスを描いてほしいというので、リクエストに答えて描いたそうです。

すごー。やっぱプロなんだねぇと改めて思う母。

参加者の皆さまは、お持ち帰りになられました。

さて、明日は、うちは、香穂と渡がお手伝いしてくれて仕事です。

感謝祭連休2日目 すごい映画を2本みました。おすすめです。

感謝祭の連休2日目でございます。香穂と話しをしていて、この連休にみたい映画は3本だよね。と行っていてまずは早朝1本目。


『アナと雪の女王2』- 予告編

たぶん、この監督はこれを1にしたかったんだろうなー。けど前回の監督に茶々を入れてきた人が、作らせてくれなかった気がする。誰とは言わないけど(笑)

1よりも全然よかったです。みなさまアナ雪1のことは忘れてみにいかれるといいかと。

 

次の映画。

私が人生のうちで1、2を争うくらい、感動した映画。映画館であと2回はみたいくらい。デュポン社から圧力がかかった ただ監督があまり有名じゃなかっただけで、この映画の上映館が少ないのがありえない。その映画とは、

"Dark Waters" (ダーク・ウォーターズ)


Dark Waters Trailer #1 (2019) | Movieclips Trailers

 

デュポン社が工場汚水を街に垂れ流しをしていた実話です。

これは、すごい。本当にすごい映画でした。日本では上映予定はないようですが、アカデミーを取れば、上映されるのかも...と思い、全力で応援する私。

 

 

 

感謝祭当日

感謝祭当日は、アメリカはお店もお休みが多いです。今日の夕方や真夜中、明日は、ブラックフライデーで、一年に一番売れると言われる日です。

本日は日本のお正月にちかいので、街にも人は少なく、道路も空いています。

けど、映画館は、激混み。この連休は見ようと話していた映画が3本あったので、当日は混むので明日見ようねと話しておりました。

で、本日は、感謝祭のトラデショナルなディナーにご招待してもらっていたので、香穂と渡で行ってきました。

動画でみるとこんな感じ。


感謝祭

さてさて、美味しいご飯をいただいたら、明日の計画です。

明日hあ、ブラック・フライデー。アメリカで一番物が売れる日です。

私は朝早く起きれたら買い物に行こうかなくらいで寝ることにしました。

 

感謝祭の準備

アメリカは11月28日(木曜日)ー12月1日(日曜日)までは、感謝祭の連休でした。

感謝祭初日の28日は日本の元旦に近い感じです。この4連休も販売系ではない会社は、ほとんどが連休。

27日はアメリカ国内では民族大移動が起こる感じです。感謝祭当日は家族で過ごすためですね。

日本の会社は感謝祭の概念があまりないので、この日に会議を入れようとしたりしますが、それは無理です。日本の元旦に会社の会議がないのと同じです。

連休前の風景は日本と似ていて、26日、27日はスーパーなどは買い物をする人でごった返します。日本はお正月におせちを食べますが、感謝祭当日は、アメリカではターキーを丸ごと焼いて食べます。今年は我が家の感謝祭の当日は、香穂と私と渡はお呼ばれしたので、今年は自宅でターキーは焼きませんでした。前日は、お店でこんなにやる気のないターキーのパンが売られていました。

失敗したのを売ってるのか? と思ったけど、完成品らしく、これで$20(2100円)でございます。強気の販売。

 

感謝祭というのと私が思い出すのは、数年前の医療ミス。

大腸ガン検診で、お医者さんが良性のポリープを見つけて切り取り、縫合を忘れて大出血して死にかけたことです。緊急治療室にいて輸血され、手術。それから普通病棟にもどり、数日入院しました。感謝祭の前にはできたものの、血液が足りず長時間立っていられないので、台所にも立てず。

もちろんターキーなんてやけないので、お友達がトランクに人が一人入りそうなでかいダンボールに焼いたターキーとトラディショナルな副菜(野菜とうとう)を詰め込んで家まで配達してくれたことです。たぶん、私は死ぬ前にもこのことを思い出すだろうなと思うくらい、感謝祭の料理はおせちほど大事でした。あの時はRちゃん、ありがとう!

ということで、夜遅くに帰ってきたおねえちゃん、おかえり。

渡はツリーの前で大喜びです。

 

 

アメリカで育った口頭でのお話が苦手な自閉症の息子は丸亀製麺のことをなんと呼ぶか?

渡はアメリカで生まれ育った自閉症で口頭での会話は苦手。日本語の単語で話せるのは30単語くらいと少ない。そんな渡も日本の丸亀製麺は、大ファンです。けど丸亀製麺って、アメリカ人の彼には発音がしにくい。新たに彼が生み出した丸亀製麺の異名。

「うどん・バフェ」

たしかに、丸亀製麺のことだ!と私も娘もわかってしまうので、2人で吹いた。

私がアメリカでお取り寄せするもの

美味しいものが少ないという人もいるアメリカ。けど、そんなアメリカで私がお取り寄せするもの。American Spoonのジャム。

防腐剤等、一切なく、ミシガン州の農家の人と、ニューヨークの料理人が

「ミシガンの美味しい果物を使ってジャムを作ろう。」

というので、1982年から作られ始めたジャムです。このジャムを塗って頂くパンは、私は自分で焼きます。ジャムのためにパンを焼くというか....。ミシガンで新聞記者をやっておられた方から頂いて、それからハマっています。

会社で朝、このジャムとパンとさらに自分でグライドしたコーヒーで丁寧にコーヒをいれて、いただく朝食は最高。召し上がりたい方がいらしたら、ぜひご一報ください。一緒にパンとコーヒーで、9時から朝ごはん食べましょう! #AmericanSpoon

理系のマグカップ

今日は、待ち時間がある仕事だったので、ぼーっと待つ時間がもったいないので、待ち時間会社のマグカップをすべてオキシクリーンに浸して綺麗に洗う。その中に開発リーダー専用マグカップがありました。
これは、娘が高校生の時に、大学見学をしていて、サンディエゴ大学で、購入したもの。当時娘の物理を教えていたリーダーへお土産として渡したもの。


理系のマグカップ

 なんだか、公式みたいなのがいっぱいあるけど、わたしには、さっぱりわからない。けど、自閉症の渡の数学を教えられないな...と思ったのは、渡が大学数学でフーリエ変換の言葉が出てきた時。リーダーに「フーリエ変換ってどれだっけ?」と聞いたら、忙しそうに計算に集中していた彼は、
「みたらわかるでしょう?」
の一言で一蹴された。見てわかったら、聞いてないってば。ここは会話を楽しもうよ...。と思う私。

お姉ちゃんに会いに行く旅 その4 お姉ちゃんが制作に携わったお姫様に会う

さて、朝ご飯。香穂が渡のために、キャラクターと朝ご飯が食べれるレストラン Storytellers cafe (スチーリーテラーズカフェ)で朝ごはんです。

チップアンドデール

ミッキー

ミニー

と楽しい時間を過ごしました。

さて次が今回の私たちの目的。

アバローのお姫様エレナに会うこと。

これは、香穂がディズニーTVに入社当時から作製に携わっておりました。

大学生の時もディズニーランドでこのお姫様のパレードをみて

「このお姫様の作製チームに入りたい!」と言っていた香穂。

いろいろ思うことがあるのか、自然に手が動くのか、

並んで待っている間に香穂がささっと描いた絵。

渡が貸して欲しいといい、iPadを持ってお姫様に会う。

渡はお姫様にいろいろ話してなんと

「僕が描いた」と言って見せる渡。そりゃーないだろう。

お姫様と写真をとる列に並ぶこと数十分。やっと順番がきました。

Voice4uを使って、会話しながら、I love you を伝える。

さて家族みんなで撮影。香穂は、こうやってお姫様としてディズニーにいたりすると、やはり撮影の時は、感慨深いものがあるらしい。

香穂も渡も各自の憧れのお姫様に会えてよかったねー。

さて〜!550kmの運転。家に帰るぞぉぉ!