自閉症 渡の宝箱

自閉症の渡が、日々起こす騒動や療育についてとシリコンバレーでの起業、生活を綴っています。

アメリカの家についている、うるさい火災報知器って...。

アメリカに住んだことがある人は、割と悩んだ経験があるのでは?と思うのが、火災報知器。
天井にはりついているこれです。
キッチンにつけないといけないことになっているらしく、煙で反応して、けたたましい音が鳴り、近所の人にも聞こえるくらいのすごい勢いで火災を知らせます。
キッチンに取り付けないといけないので、我が家はシンクの近く天井にあります。この火災報知器。実はおバカなところがあって、湯気でも反応し、ビービーと耳が痛くなるような音を鳴らします。
たとえば、うどんなどゆでたものをざるにあげて、お湯を切りたい時もその湯気で反応します。
この音を早く消すためには、ウチワなどであおいで、火災報知器の周りの湯気を払うことです。
この火災報知器をうちわであおぐいで大きな音を消すのは我が家では、渡のお仕事です。
渡は仰ぐ団扇も決めていて、少しでもなるとすぐに走ってやってきて、すぐに仰いで火災報知器の音を切ってくれます。
先日、私がPhoのスープを作っていた時、大量の牛の骨を茹でてスープをとり、さて、スープと骨をわけるぞ!とザルにあげると、その湯気に反応して、またこの火災報知器が鳴りまくりました。
ところが渡は、イヤフォンをして、音楽を聞いていたので、イヤフォンを外すのに手間取ってしまった。
私は、長くこの火災報知器の音が鳴り続けて、ご近所の人が通報してしまったら大変なので、焦る。渡に大きな声で、
「渡!!!早くうちわであおいで!うるさいので止めて!!!ご近所の人の迷惑になるから!早く、早く!」
とお願いして、私はまだお湯を切れていなかったので、重い鍋をもって作業をつづけていたら、後ろから風を感じた。あわてて後ろを振り返ると、渡がいたずらを思いついた時のニタッと笑った顔で、私をあおいでいた。渡にとって警報機よりうるさいのは、私のこと???
 
 
 

自閉症の親の人生って大変

渡を産んでからの私の人生っていうのはたぶん、世間の人から大変な人生などと思われるものなんだろうなーと。たしかに、自閉症の子育ては大変でございました。眠れないし、息子は体も弱かったので、病院につれていっても入院しても多動が出たり、話せないので、今の辛い状況が詳細には、わからなかったり。
子供の言いたいことやりたいことが推測でしかわからないというのは、なかなか大変な人生だったな、と。
そんな渡が、昼休みに静かに公文の数学の宿題をやっていて、私はそれをお昼ご飯を食べながら見ておりました。結構、難しい問題を説いていて、
「難しい、難しい」と言っているのだけど、渡は自分がママの数学のレベルを越したことを知っているので、私には、
「どうやって解くの?」とは聞かない。聞いてもママが答えられないことを知っているから。
「成長したなぁ...偉くなったな」と思って見ていたのだけど、どうしても解けない数学の問題を前に、ご本人は、眉毛を8時20分にして、私をじっと見つめた。
「もうちょっと賢いママだったら、この数学を教えてくれるのに.....」
と目が訴えている。無理だよーーん。ママは、そんなの解けないよぉーーん。
そんな私をジーっと見つめたまま、渡がたった一言。
 "Life is too hard." (人生って、すげー大変)
いや、あんたのセリフじゃないと思うが....。一本取られた気分になった母でした。

渡のお仕事後、帰宅する状態

自閉症の渡の職場での仕事終わりの状態。

誰かに言われたわけでもないのに、机、キーボード、マウスの全てが磨き倒されて、無駄なものがなにもなく、ピカピカに仕上げて家に帰っていく。家の自分の机はこんな感じではないのだけど、仕事になると急にスイッチがオンになる渡。なぜかうちの子供達は、お仕事が好きという。

アメリカ大統領選挙

アメリカは大統領選挙が11月3日にあります。

 

ついに我が家にも息子宛てに送られてきました。(投票用紙はまだきていません)

選挙の説明ガイド集です。左はサンタクララ郡の立候補者リストと投票する法律について。右がカリフォルニア州の立候補者リストと投票する法律ガイド。

今年の大統領選挙戦は不気味。いつもだったら数ヶ月前から、民主党の看板があちこちの家に建てられ、車のバンパーには民主党のステッカーが貼られます。

こういう感じのものがバンバン庭先に建ちます。もうほぼほぼお祭り騒ぎなのです。大統領選っていうのはお祭りみたいなんだなぁ....と移民の私は思うわけです。

カリフォルニア州は民主党の指示者が多い州ですので、あまり共和党(トランプ)の看板は見かけません。

ところが今年は様子が全く違います。

この看板を建てているお家がうちの近所ではたった1軒だけ。私はランニングをするので、近所いろいろコースを変えて5kmづつはしっているのですが、やはり1軒しか見つけられませんでした。

前々回(オバマ)の時のように車のバンパーにステッカーを貼っている人は皆無。トランプ派というのは、ここでは、江戸時代の隠れキリシタンに似てる感じがします。声をあげて「指示してます!」という人は少ない。ということは、みんなトランプ派に改宗したの?と思ったり。

なんだか、いままで体験したことのないような大統領選の街の風景です。さて、どうなることやら。

 

ロングドレスのスカート丈のお直し

ネットで買った私のロング丈のワンピース。チビの私が着ると、ゴン太くんよりも裾をひきずることになる....。   
すそをみると、ミシンで叩いているだけなので、私がやっても5分くらいで終わるから、クリーニング屋に持っていったら(アメリカはクリーニング屋が裾上げとかしてくれます)、綺麗に安く終わるなぁと考えて、持参。彼らだったら2分もかからない仕事です。まっすぐ縫うだけですから。
店の人に見せたら、$35(約3700円)と言われた。$35あったら、Ridgeのワインを買えるし、買ったあとで1時間は幸せに飲んでられる...そもそも、こんなことに3700円も払ったら、お金に厳しい大阪に顔をあげて帰省できない...。と思ったので、早々にお店をひきあげてきました。
先ほど朝ごはんを作る前に、ミシンをだして、縫ったら3分で縫えました。
ということで速攻で、Ridgeのワインをネットで物色中。隣で、息子からは、
「ママ、朝ごはん、何時に作るの?」と聞かれている私。

娘の誕生日

昨日は娘の誕生日でした。新型コロナの件もあるので、誰も娘に会ってお祝いを言ったりということもなく、みなさんネット上でのお祝いをくださったみたいです。

私もお祝いは伝えたけど、一緒にケーキをたべることもできなかったので、勝手にこちらで、大量の種類のケーキを買い、少しづついただきました。

10月の誕生日ってなぜかいつも娘は忙しい。大学生の時は舞台の本番前のツメの時期だったり、大学院の時は、大きな課題の時だったり。就職したら、ゆっくりお祝いできるのか?とおもいきや、いつも誕生日の時期は大忙し。

まぁ、コロナが落ち着いたら、ゆっくり一緒にお祝いできるかな。と思った今日でした。

大忙しの秋

我が家の今年の庭は大忙しです。秋になると収穫のシーズンですので、まずは、石榴。

ザクロの実はけっこう手間隙かけて食べる感じなので、いただくのも大変。

今年は豊作の柿。

ほおっておくと、鳥がてべてしまうので、うちの家だけの被害ですまず、鳥がくるとご近所の実もたべるので、食べられる前に収穫しないと。

こんな風になってしまう。これもすぐにとらないとコバエがくるので、負けないぞと思っております。

さらに、ライム。

これは、もう鈴なりですが、ライムって、あまり大量に使う方法がないイメージですが、ジャムにもできますし、いろいろ作れます。

で、それでもあまるものは、キッチンの掃除につかっています。

さらに、あと数日で、収穫時期に突入しそうなのは、いちぢく。

我が家のイチヂクは緑のままで熟れてきます。これもソースのようにして、ヨーグルトに入れたりしていただいております。

薔薇も綺麗に咲き誇ってくれていて、会社に持参しました。

楽しみな秋です。

 

 

私が紙の新聞を読む理由

地元の新聞をデジタルでは読まないのですが、これには理由があり...。

ダイニングの机の上に、それとなく置いておくと、渡も自分が好きな記事を読むのです。

紙で読むことを昔におそわったせいか、デジタルだと読まないけど、新聞だと読むという。

なので、紙です。

今回の渡が気になった記事は、新型コロナの影響で、開店できなかったお店が再開店し始めたというニュース。

知的障害もある自閉症なので、もちろん全て理解できるわけではなくて、いつお店が開くのか?とか、そういうことですね、理解できることは。数値が書いてあるような記事は好きです。

なので、大抵私が朝、走っっている最中に新聞を自販機のようなところで買って、持って帰ってくるという日々でございます。

 

 

 

りんご狩りにいってきました。今年の果物は辛そう...

毎年恒例のりんご狩りに行ってきました。

まわりにだれもいないので、マスクをとって撮影。

母は様々な事情から(←化粧してなかったとか)マスクをしての撮影。

こんな写真も数年後には、「この頃、コロナで大変だったよね」ってなるんだろうな。

さて、りんごの方ですが、今年は小ぶり。

さらに、なんだか、強い日差しにあたったところから、傷んでいるのでは?と思うようなのが多かったです。

ほぼほぼどなたにも会わず、帰る時にお金を支払うお兄ちゃんと会っただけという。お兄ちゃんもソーシャルディスタンスで、遠くにいる感じです。お支払いもクレジットカード。

渡はりんご狩りをしたのでやっと秋になったと認識したようです。

けど、サンノゼにもどってきたら、日差しも強く暑くて、こんな珍しいお花も咲いていました。

黄色のハイビスカス。