自閉症 渡の宝箱

自閉症の渡が、日々起こす騒動や療育についてとシリコンバレーでの起業、生活を綴っています。

髪の毛を切るぞ!

渡はおじいちゃんの家に来れたことが嬉しすぎて朝4時から起床。私は朝5時に起きて、まずは木津卸売市場へ。父が好きなお刺身などやおせちの準備等々を買い込むので、そーっと一人で卸売市場に行こうとしたら、隣でしっかり着替えてジャンバーを着ている人がいる...。えっ...。来るの?

ついてきてしまいました。気温は1度です。いやー、自閉症連れて、この年末の買い込みは大変なんだわー。と思いつつ、文句を言っても一人で電車に乗って帰れるわけもなく、しょうがないので、必要なもの買い込んでいく。

けど、思ったより普通に買い物ができて、渡もなんとなく雰囲気で、ここではふざけてはいけないと思っている感じ。彼が何よりも怖かったのは、大阪なのでフグを丸ごと売っている。けど、ふくれてまるまるとした死んでるフグとかは怖いらしく、死んだフグに向かって「あんたは死んだ」と確認のように、言ってみたりする。たぶん、自分で「死んでるので、怖くない。こんなに丸く膨れたお魚でも怖くない」と言いきかせているんだと思う。英語なので周りは、わかってないみたいでスルーしてくれるかなぁと思ったけど、ここは天下の台所。甘くはありません。

「お兄ちゃん、これ行っとこか!」

と拡声器使ってますか?と聞きたくなるくらいおおきな声で言われた上に、デカい死んだフグを持ち上げられて、見せられて、怯えまくる渡。

 

けど連れてきてよかったことは、とにかく文句もいわず、どんどん荷物をもってくれること。姪っ子たちも夫婦でやってくるので、すごい人数でのお正月になるので、とにかく食料は買い込みたい。

買ったら片っ端から、息子のリックサックにいれていく。文句も言わず、ご機嫌で、しっかりと持ってくれました。

大量の食材をもち、自宅にもどり、おじいちゃんから偉く褒められて、怖かったふぐのことも忘れようと必死です。

朝ご飯を食べ、そこから、今度はホームセンターまで2.5km歩いて、買い物です。

食べすぎてる私たちには、ちょうどいい運動です。

ホームセンターで買ったものは、網戸を張るための道具と網戸。

さて午後からは、ヘアーカット。前に私が来た時に「息子が自閉症だけど、お姉ちゃんも私もいるので、迷惑はかけないですが、お話ができないこと」を説明してあったので、すごくスムーズに切ってくださいました。美容師さんも慣れてました。彼女に褒められて、大満足。

さて、明日は網戸はりだ!

さて!いざ大阪へ

仙台から、一気に大阪の実家まで行きます。鉄好きの母の旅行についてきたら、飛行機なんて乗せてもらえるわけもなく...。

東北新幹線→東海道新幹線で、大阪です。

東京駅の「祭」で、お楽しみのお昼のお弁当を購入!

www.gransta.jp

もう数ヶ月前からなにを買うか?という話は娘としていたので、速攻で買う物は決まり。

冷めたご飯が苦手な息子は

牛タン弁当に決定。紐を引っ張れば、暖かくなるので。

娘は大好きないくらを食べたいといっていたので、いくら石狩鮨

私は一番人気のえび千両ちらし

おいしいねぇとはしゃぎながら食べておりました。

ということで、あっという間に大阪着。父(子供たちからみいて、おじいちゃん)は、大喜び。さて、明日は、家族全員髪の毛を切りに行きまーす。

 

さて仙台に戻ります

鳴子温泉で遊びまくった渡。何度、温泉にはいったことか...。

また折り返して仙台に戻ります。娘はお友達と会う約束があったので、私たちとは日中は別行動。

駅前で、あんぱんまんの銅像を見たせいか「アンパンマンミュージアムに行きたい」と言い始めた。えっ?なんでそこ???とおもったけど、とりあえず、連れて行ってみた。もちろんのこと、小さい子供しか来ていないので、どうするのかな?と思った。写真だけ撮ったら、気がすんだらしい。中には子供が入るところだから、入らないそうだ。よしよし....

渡の希望は、他の希望は

「ラーメン食べたい」

意外にこれがハードル高い。自閉症の息子は肘を突っ張って食べる時があるので、ラーメン屋というのは昼間にいくと、大抵混んでいて、隣の人と席が近い。アメリカであんなに他人と席近く食べることはないので、たぶん、これは難しいと思い、どうしたらちょっとスペースがあるお店でラーメンが食べれるか、考える。ファミレスなんかは、とても息子には向いているんだけど、知らない人が隣に座ることもないしと思ったら、思い出した!

バーミアン。

なんか、自動の配膳の機械が運んできてくれる。けど、注文を聞きに行きて入れるウエイトレスの方もいて、結局、機械が全てできるわけじゃないので、よくこの猫の配膳の機械は、人間に邪魔そうに押されていたwww

あとは、本屋等々まわり、Tutaya やイオンにいってご機嫌

夕飯前に山形からやってきてくれたお友達と会っていた香穂と合流。香穂の山形からでてきてくれたお友達が気を遣ってくれて私にまでお土産をくださった。

このお酒が死ぬほど美味しかったので、私が忘れないようにリンクを貼っておきます。

東の麓酒造

このリンクです。美味しかったー。

ということで、夕飯は、牛タンを娘と食べる。

ちょっとお店のおやじさんが怖かったけど、日本酒は美味しかったので、ご機嫌な私。

ということで、仙台の夜はふけてゆく...。あー仙台はいつきても楽しい。

 

 

 

 

いざ!鳴子温泉へ

さて、仙台からいざ鳴子温泉へ。また仙台には戻ってくる予定になっています。本来なら鳴子温泉へは山形から入る予定でした。しかしながら、異常な積雪で山形にはいけず、結局仙台から行くことになりました。

朝、アンパンマンに会う。

私の第一声

「えっ!アンパンマンって死んだの?」

娘に怒られました...。だって、色が入ってないんだもん...。遺影かと...。

さて仙台から古川までは、東北新幹線

古川からは陸羽東線です。やった!在来線大好き。

こんな感じです。

目指す鳴子温泉までガタゴトと揺られていきます。いい景色だわ〜。

ということで、鳴子温泉到着。駅までマイクロバスがお迎えにきてくださり、無事にホテルまできました。

雪をみて興奮する渡。雪合戦をしようとしてるのか?

いやーそれは無理だ。おねえちゃん、すでに大きな雪の塊を作り終えてるよ。渡、それは負ける...。ということで、結果は下記。

youtube.com

ということですっかり濡れたのでホテルに戻ります。今回は、渡の雪を見ながらのリクエストに答えるべく、部屋に掛け流しの温泉がついているところにしました。

入り口

お部屋

寝室

掛け流しのおへやの温泉

部屋には、飲み物がついていて、すべて無料っていわれたら全て飲みたくなる私。

けど、ビールをこんなに飲んだら、日本酒が入らなくなる。一滴でもおおく地酒を飲みたい私。とりあえず、三人で乾杯です。

お風呂はいったりしているうちに、さてご飯。

夜の私のおとも。

なんだか、ずっとご機嫌な渡は、突然おねえちゃんに握手を求めてきた

謎....。

料理は本当にたくさんでてきたのですが、ここにあげると料理図鑑みたいになるので、割愛。

かわいかったので、クリスマスのデザートだけ写真であげます。

部屋にもどったらベットでも眠れるし、畳でも眠れるということで、渡がベットで撃沈。

香穂もベットにいったら?といっていたのだけど、やっぱ畳で寝てみたいというので、結局畳の部屋では、女子の深夜まで話しまくる会が開催されました。

ねむぅぅぅ。

予定が変わったクリスマスリブ

クリスマスイブです。本日泊まったホテルは、新幹線が見れるホテル。

あいにく部屋は三人部屋なので、線路側に窓がなく、レストランで窓際をお願いしました。そうしたら個室のような部屋に連れて行ってくださり...。ありがたい配慮。

レストランの窓からは、山形新幹線、東北新幹線などなどが見れます。渡、大興奮。窓にへばりつく。

ところが私たちは、朝が早いので、まだ外がくらい。しょうがないねー。明るくなるまで、ご飯などをたべていたら、すぐに明るくなってきました。

早寝早起きが特技の私たちなので、こんなもんです。

本来なら、山形新幹線に乗って、山形に向かうはずです。

異常気象のために、宮城に向かう私たち。

すでに新幹線の窓から見える景色で福島あたりからこんな感じに。

やばい..。結局お天気は仙台で見事に晴れ始めて、ほっ。とりあえず、私と渡は晴れ男と晴れ女です。

よかった。

結局、仙台で買い物やガチャなどをして、いろいろのんびり遊べました。

夜は、とにかく地酒がのめるところ&娘は牛タンということで。

こういうメニューを出されたら、仙台だったらこうなる。

ということで、幸せな夜はふけてゆきました。明日は渡の念願の温泉です。楽しみらしい。ゆきは、見れるかな?

 

仙台だったら、こうだよな。というところに落ち着きました。

大変なことになった日本旅行

日本に到着して1日東京巡りしたらクリスマスイブから東北(山形)に行く予定にしていた私たち。東北1泊目は瀬見温泉というところに行く予定で、山形県新庄駅から在来線に乗って行くということでした。それで、JRの窓口(旅行案内みたいなところ)に山形新幹線の指定席券を買いに行ったら

「すみません。明日の山形新幹線のチケットは販売したくないです。とにかく、ご予約されている旅館にお電話ください」と言われました。えっ?販売拒否?と思ったけど、丁寧に説明してくださって、山形は、今、異常な雪で全ての交通が止まってしまうということを覚悟しないといけないこと。そのまま何日間も動けなくなることも考えること。などなどを教えて頂きました。1月5日は金沢だったのだけど、それもキャンセルされた方がいいということで、キャンセルに。

なんとなく私でも理由がわかり、すぐに、窓口を離れて、瀬見温泉の旅館に電話。もう旅館の電話口から、複数の従業員の方達が他の電話でお話している声が聞こえて、

「では、お泊まりの分は、お手数料なしで、キャンセル手続きいたしましたので....」というのがすでに聞こえた。私が、

「あのぉぉ。明日の予約していた久保ですが...」

「お泊まりのご予定のキャンセルのご料金はいただいておりません。」ともう、キャンセルしか道がない。それだけ雪がすごくて、みなさん辿り着かないということだ。

まいった!!クリスマスイブにどこの旅館がいったい3名も受け入れてくれるだろう?渡の今回の日本旅行の目的は、「温泉に入りながら雪を見る(のんべいのオヤジか!!)」というもの。いやー。それが山形の新庄から40分の山の中にいけば、叶うとおもったのだが。どうするか?イブに空いている旅館など、本当にあるのか?ましてや、山形に行けない人たちが行ける近場にすでに予約を取っているはず。私の頭はぐるぐると回転し始めました。「予約しよう」と思うからダメで、「キャンセルがでそうなところを狙おう」と思えば、どうにか逃道がありそう。

では、キャンセル待ちが一番あるところはどこか?JTB だ!JTBだとあきらかに、国内旅行のお客さんはご高齢。これだけの雪だと怖がってキャンセルが大量に出てるはず。

あわてて、近場のJTBにいき、「山形新幹線は止まるだろうけど、東北新幹線はとまらないと思うので、東北新幹線沿いで、大浴場のある旅館かホテルをお願いします」

と言ったら、仙台のホテルで大浴場のあるところを教えてくださった。

やった!とにかく、クリスマスイブは、瀬見温泉は諦めて、仙台で宿泊。次の日のクリスマスは予定通り、鳴子温泉。鳴子温泉は電話して、仙台から上がってくれば、来れると確認済み。

ということで、3ヶ月かけて建てたプランをキャンセル。大幅にスケジュールを変更しました。

ということで、明日は、仙台に向かいます。

私は夜は、お友達と飲み会。美味しいお酒を出してくれるところに連れて行ってくれたので、幸せでございました。

香穂と渡は、二人で、行きたいところがあるらしくいっておりました。さて、明日は早め仙台に移動だ!

さて、私たちは、クリスマスイブに路頭に迷わず、生きて行けるのか??

 

さて!日本だ!

ロサンジェルス空港のホテルから空港に向かいます。

ホテルで記念撮影。

さてさてどんな旅行になるのか?

サンノゼ空港で、いただいた障害者のひまわりのネックレスをつけていたため、

機内でも優しくしていただき、割と順調に成田空港着。

通関に時間がかかったものの(ワインの申告もあったし)全く寝なかった息子は結構へろへろに。これは想定内で、東京駅のバス停前のホテルに宿をとっておいたのでバスから、数十歩でホテルに到着。ご飯をたべにでたものの、どこも忘年会で満員でレストランに入れず。やっと入れたお店が唐揚げなどを得意とする居酒屋だったので、唐揚げ命の息子は、おおよろこび。

ぽ中いっぱい唐揚げ食べて、ホテルで熟睡でした。明日は東京巡りでーす。

 

 

 

 

お姉ちゃん、こんにちは〜。

ロサンジェルス空港に到着。

お姉ちゃんとはホテルで合流。もう、盛り上がりすぎて、ずっと笑い続けている渡。

日本に向かう飛行機は明日のるので、今夜はホテルで1泊ですね。

荷物をホテルのへやにおき、早速、街探索。

遅めのお昼をいただきます。

海辺のおしゃれなレストランで。香穂は前の会社で働いていた時、この近くに住んでいたので、なかなかくわしい。けど、知ってたお店はコロナでほとんど閉業になってしまったそうだ。レストランでの順番待ちの渡。お姉ちゃんと一緒なら順番待ちもこんなにたのしい。

母もワインを頼みます。久しぶりのベルベンティーノ

グラスをリーデルというメーカーのものにしてくれているおかげか、すごく香りが立つワインでした。

おしゃれすぎるホテル

大好きなボンゴレのパスタ

とにかく運動不足になるので、ひたすら歩きながら三人で話しまくり、気がついたら、5km以上歩いていました。

で、あゆみを辞めた理由がこれ。

ファイヤーストーンというビール屋さんが、なんとこのサンタモニカに近いところにもお店をだしていた。ミイラ取りがミイラになるごとく。ここでお散歩は終了

夕飯です。

ホテルにuberでかえり、渡はお姉ちゃんから明日の飛行機に乗る時のルールを教えてもらっています


www.youtube.com

さて、明日から日本だね!

サンノゼ空港で驚いたこと

さてさて、11月に家族の関係で、もどりましたが、本日の12月20日からは子供達と、日本に向かいます。

渡のお姉ちゃんの香穂がロサンジェルスの近くに住んでいるので、娘はロスから日本に飛んで、私たちは、サンフランシスコ空港から飛ぶ?とか計画していたのですが、ガンとして、渡が許しませんでした。「絶対に日本にはお姉ちゃんと行く。」そうです。

なんなら、母はいらないくらいの勢いです。

とにかくお姉ちゃんが大好きなので、一緒に行きたいらしい。ということで、本日は、サンノゼ空港から、ロサンジェスルに移動です。

前は、朝早く国内線でロスにいき、そこからその日に日本へ飛ぶことも考えたのですが、サンノゼ空港は、たまに朝冷え込むことがあり、冷え込んで垂直尾翼が凍ると、飛行機の出発が遅れることがある。そうなると、乗り継ぎがうまくいかなくなるので、前日にサンノゼ空港から、ロサンジェルスに飛び、ホテルで1泊してから、家族で、近郊のホテルから、ロサンジェルス空港に向かうことにしました。これが大正解。なんとここ数日、朝がものすごく冷え込み、サンノゼはマイナス1度になったりで、道路が凍ったりと異常気象です。

 

ということで、先ほど地元のサンノゼ空港に着いた私たち。チェックインしようとして驚いたこと。

カウンターで渡がゆれたり、話しかけられても反応が遅いことに気がついてくれたカウンタースタッフの人。わたしが「彼は、障害者だから」といったら、”Special needs kids?”と聞くので、そうだといって、荷物預けて、ゲートにむかいました。そしたら後ろからカウンターの係の人が、走ってきてくれて、これを渡してくれました。
「必要だったら使って!」って。なんと、「自閉症など目に見えない障害の人たち人のことを空港スタッフが助けやすいようにするもので、首からかけてくれれば、カードの後ろに連絡先がかけるので、もしお母さんと逸れた時でもすぐに連絡してくれるし、時間がかかるということもスタッフが認識しているので、ゆっくりと税関も通れる」と言われました。
早速首からかけました。税関の列に並ぶ時に、
 「これはどこから通るの?どの列に並ぶの?」と聞いたら、「プライオリティの入り口」と言われて、そこから通ると待ち時間がゼロ。後ろに人が来ないようにしてくれた(たまたま誰もこなかったかもだけど)ので、ゆっくり税関を通れました。税関の人もすごく優しくしてくださいましいた。税関ってさっさとしないといけないので、なんとなく怖いと思っていたわたし。ところが、他のスタッフからも、
「係のヘルプが必要だったら言ってねー」と声をかけられました。手荷物を出したり、入れたりが遅い彼には、ありがたいサービスでした。ボディスキャンもかかりの人が言っていることがいまいち分からず、飲み込みがわるくても根気強く付き合ってくださいました。
どこの空港でも使えるのかなぁ?明日、LAX(ロサンジェルス空港k)でもとりあえずかけてみます。このサービスの名前は"Sunflower Lanyard Program for Invisible Disability Awareness ”というものでした。ここにどのようなサービスが受けられるか?出ています。

https://hiddendisabilitiesstore.com/us/

追加情報→日本では、成田、羽田、福岡、新千歳、那覇 で使えるそうです。空港カウンターの人も知らない人が多そうなので(アルバイトで年末の短期で働く人とかもいるしねー)、空港で飛行機のチェックインの時に、
”Sunflower Lanyard Program for Invisible Disability Awareness のプログラムを使いたい”というのが吉です。なんならこのプログラムのひまわりの写真などを見せれば、わかるみたいです。
ロサンジェスルに行ってきまーす!