自閉症 渡の宝箱

自閉症の渡が、日々起こす騒動や療育についてとシリコンバレーでの起業、生活を綴っています。

日本

日本です。

父に会いに行こうと思い、日本に向かいます。空港で会ったちょっと気持ち悪いエビアンの水。

新幹線ってすごい。

私は飛行機と新幹線、どちらで移動したいですか?と聞かれるとまずまちがいなく新幹線です。飛行機が飛んでいない場所は別にして。やっぱり新幹線って早いしかっこいいし、地に足が着いている感じがします。 こんなのとか、 こんなのとか、 こんなのです。 …

日本に行ってきました!

久しぶりに日本に行ってきました。 連れて行っていただきました。護国神社でおみくじを引きました。なんと大吉。 昨年度はいろいろ「私ためされてますぅ?」みたいな感じがして、いやいや、そろそろいいかげんにしてもらいたい。どういうことか、正座して聞…

首相公邸に行って参りました。二・二六事件の弾丸痕とか。

首相公邸にお呼ばれしたので、行って参りました。公邸では、プレゼンをしました、プレゼンした製品は、Voice4uがなぜできたのか?のことです。Voice4uについては、こちらをクリック→https://voice4uaac.com/ja/ プレゼンは、ほかにいらしていた起業されてい…

新潟で日本酒を販売しているのすごいお店

年末に父親に送る日本酒。日本酒だけは、かれこれ60年以上毎日飲んでいる父は、半端なく味にうるさい。けど、新潟の「ふくきん」というお店はこれをうわまわるという恐ろしさ。 サイトはこちらをクリック→ふくきん 電話して、予算を言って、父の好み(辛口が…

自転車部の同窓会。30年ぶりに会うとどうなるか?理系の感想は、驚く。

日本に戻った時に、自転車部(自転車で山などを登る方です。銀盤の上を走るレース班じゃないです。)の人たちと集まりました。私の大学は自転車部がなかったために、他大学の人たちに一緒に練習に連れて行ってもらったり、情報を頂いたりしておりました。恒…

大阪ってどこまでふざけるんだろう?と思うけど、ここで育った私にはこれが普通。

大阪に戻っていた時に「あぁ、これが普通だったな....。」と思ったことをポツポツと。南大阪は特に文化が濃いです。大阪を流れる大和川が境目かと。そこから南にいくとさらに濃い。 一つ目。 実家の近くのスーパーで売ってるもの。 こんなもの、買う人は少な…

大阪大学と中京大で、講演会をしてきました。

10日間近く日本にかえっておりましたが、うち2日のみ、講演会をしてきました。 1つは中京大学。もう一つは、大阪大学。別の日でしたがまとめてあげます。 まずは中京大学。 八事の駅から地下鉄が通じていて、雨の日も濡れない。高層ビルがキャンパス内にあ…

アメリカに帰ります!

東京でいろいろ人に会い、大事な用事も済ませたので、帰ります。今回は、お友達の尽力もあって、人間ドックも全て済ませた私。やっぱり元の健康体に戻っていて、検査の数値も完璧らしい。血液検査も20代くらいの数値を叩き出している模様。MRIもみてもらった…

3日間、日中は子供たちと別行動です。

東京。3日間子供たちと別行動ですが、徳島墓参旅行ですっかりご機嫌な渡は、留守番してるから、寿司を食べに行けといいます。実は渡は生物が食べれません。なので、あわてて渡だけ別の場所で夕飯を食べて、私と香穂は渡の言葉に甘えてお寿司を食べに行く。…

いざ東京へ

さて、東京へ向かいます。朝の時間は、実家で掃除機をかけたりとバタバタしていたら、徳島で会った叔母が宅急便で慌てて荷物を送ってくれました。叔母が持っていた私の小さい時の私の写真も送ってくれました。香穂がみて いやーこれ、小さい時から、「悪戯す…

徳島でも渡らしいことが起こる

父とご飯を食べて、子供たちも大盛り上がり。さて、ホテルのお土産物屋にいって土産物見ましょうとなりました。土産物屋では、2000円で1回抽選ですと言われて、私は4000円買ったので、抽選が2回できることに。子供たちにガラガラと音がなる抽選をしてもら…

自閉症の渡を連れてのお墓参り

さて、徳島にお墓参りでございます。自閉症の子供を連れていて一番大変なことは冠婚葬祭。我が家はアメリカ住まいということもあり、日本の冠婚葬祭はほぼ出たことがない。今回は、父とお墓参りをしたいと思い帰国。数十年お参りしていない祖母と祖父のお墓…

昨日から宿泊しているアイビースクエアーと大学の先輩がやっている超本格カレーの阪急池田のお店

昨日の夜から泊まっている倉敷アイビースクエアーですが、創業当時はすごい人気で泊まれませんでした。紡績工場だったということもあり、創業当時私の父は、 一度泊まって、紡績工場がどういうところだったか?知っておくのはいいことだ。 ということで、父…

いざうどん県、香川へ!

早朝、まだ真っ暗いうちにホテルを出て、香川県へ。今日は日帰りで倉敷ー香川を往復します。 すごく冷え込む日で、気温2度とか。けど子供達は、海の上を電車が走るというので、大よろこび。電車の中から朝日をみました。 天気がイマイチだったのですが、こ…

上野へ。上野から倉敷に向かう私たち。

さて母の用事の上野。子供達は上野動物園に行くということです。ここは一体どこだろう? 上野に行ったらこの方に会わねば。 こんな動物たちにも会って、渡は驚き。 上野動物園って結構広い。 こんなのまでいるんだ。 香穂のシャッターチャンスが結構よくて、…

いざ、東京!

京都のブログを書いたら、渡が太秦映画村での写真をあげてない!上げ忘れていると怒るので、なにかと思ったら、この写真をあげろと。 美女のことは忘れない渡。 さて、東京に向かいます。 朝早く大阪を出て、今度は昭和の設定の撮影。新横浜で降りてラーメン…

いざ京都へ

京都へ行こう!ということで、早朝に起きて大阪の実家をでて、日帰りで京都へ。夕飯はおじいちゃんと食べたいという、子供達の希望を叶えるためには、京都は早朝に行区ことに決定。京都の目的は、香穂の課題。大学院の課題で、日本を描かないといけないので…

今宮戎、十日戎の宵宮です。献鯛行列。福娘ってかわいい。

さてミナミに出て、買い物です。長く実家に来ていなかったので、足りない物や、きのう作ったメガネの引き取りなどをします。きのうのメガネは15分ほどでできたのですが、ひきとると急行に乗り遅れ、父の夕飯に間に合わないので、今日の引き取りにした次第。…

姫路城へ

さて、実家に向かいます。その前に途中下車して、姫路城へ。あの白鷺城を子供達にも見せてあげようと。私としては、御宿かわせみで、東吾さんがるいさんに白鷺城を見せてあげるという場面を読んで非常に好きなので、子供達もさぞかし感動するかと。 どんど…

自閉症の渡を連れて太宰府天満宮へ

さて昨日の別府を終えて太宰天満宮へと向かいます。 まず、朝日を拝んで、ホテルをチェックアウト。 きのう見れなかった別府の竹瓦温泉 こんな街並みの中にあります。 猫と会話する渡。 お互い、言語が通じないので心で話す為か、全く逃げる気配がない猫。 …

日本です。

新年あけて、日本に来ました。これは随分前から考えていた日本の一時帰国です。というのも、子供達は、今年からインターンや就職で、もう家族で長期でどこかに行くということも難しくなるからです。家族揃っての最後の日本行きの気もします。年老いた父親に…

渡が送った手紙

日本に行っておりました。 実家の父には、いつもはお酒を吟味しておくるのですが、今回はあまりにいそがしくて、吟味する時間がなかったので、日本についてから電話して、速攻で、辛口の父が好きなものを送ってもらいました。電話したところはこちらをクリッ…

日本で読んだ本4冊目〜障害児教育に携わる方、親御さんにおすすめの1冊〜

クラスで、どうもうまくいかないこともや注意しても効果がない子供に、最高の一冊。 これは、アメリカでの障害児クラスの先生たちの対応手段が書かれています。一つの事例に多数の先生たちの対応があるので、ひとつの対応をしたけど、うまくいかなかったでは…

日本で読んだ本3冊目

さて、日本で読んだ本の続きです。 ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か 作者: エリヤフ・ゴールドラット,三本木亮 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2001/05/18 メディア: ペーパーバック 購入: 32人 クリック: 373回 この商品を含むブログ (390…

日本で読んだ本2冊目

日本で読んだ本です。 【文庫】 バンクーバー朝日~日系人野球チームの奇跡~ (文芸社文庫) 作者: テッド・Y・フルモト 出版社/メーカー: 文芸社 発売日: 2014/10/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 全米には多くの日本人街がありますが、…

日本最終日

さて、深夜便でサンフランシスコに向けて、飛びます。子供達は大満足。 昨日は、ホテル内の室内プールで泳ぎまくりました。このプール、前々日に香穂と二人で見学させてもらいました。 最初のハードルは、靴を脱いで下駄箱に入れ、鍵をかけて、スリッパに履…

日本で読んだ本。1冊目

日本で読んだ本。 メモ代わり 到着して一番最初に買ったのがこれ。 意識力 (PHP新書) 作者: 宮本慎也 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/03/15 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る これは、久米書店をみて、読みたいなーと思っており…

実家のこと、もろもろ

実家にもどり、久しぶりにいろいろと父と話をするのだけど、うちの父の家系というのは、すごく精神力が強い家系で、厳しく自分を律し、それを他人に押し付けることがない人たちです。 もともと農家で、父と歳の離れた姉というのは、すごい人です。11人兄弟…

東京からもどる私たち

きのうの人間ドック。娘たちは私が人間ドックをやっている間に、一足先に東京に向かい、お友達に会う準備や買い物をしておりました。私は、人間ドックが終わり、明日の仕事のために東京へ向かいました。 ホテルの風景がお正月の飾りに変わっていた。こういう…